鶏むね肉をサラダチキンのように「しっとり」「プルプル」に茹でる方法

食材

こんにちは!!

今日も楽しく料理の話をしていきましょう。

 

突然ですが、皆さんは「鶏の胸肉」好きですか?

唐揚げや焼きとり、照り焼きなどに使われるのはもも肉ばかりで、あまりむね肉を食べる機会は多くないのではないでしょうか。

いざ調理しようと思っても、どうせ使うなら、と活躍するのは「ささみ」ばかり。どうやって調理するかもなかなか思いつきませんよね。

むね肉が敬遠されるのは、多くの場合【パサパサしていておいしくない】からだと思います。

 

今回は、そんなむね肉を簡単においしく食べる方法をご紹介します。

 

鶏むね肉ってなんでパサつくの?

むね肉は鶏ハムやバンバンジーの他に、唐揚げや天ぷらにも使われます。

唐揚げや天ぷらと言えばもの肉のイメージがあると思いますが・・・

パサついて美味しくないイメージのむね肉の揚げ物ですが、揚げたてはサクサクしていて、さっぱりしてとてもおいしいんですよ。

 

しかし、むね肉は脂がほとんどありません。なので、火を入れすぎてしまうと肉の水分が抜けてパサパサになってしまうのです。時間が経って冷めてしまったらおいしくありません。

 

むね肉は脂質が非常に少なく、高たんぱくであること、比較的安価で購入できることからも優秀なダイエット食品としての評価が高まっています。

 

ダイエットをしている人、筋トレでボディメイクをしている人の間で有名なのが、コンビニの「サラダチキン」ですよね。


サラダチキン 糖質ゼロ プリマヘルシー サラダチキンアソートパック プレーン×ハーブ 各10パック【サラダチキン 送料無料 まとめ買い ムネ肉 送料込 チキン 鶏肉 お手軽 サラダ お得なまとめ買い】


サラダチキン まとめ買い サラダチキンアソートパック プリマヘルシー 糖質ゼロ プレーン×ハーブ 各10パック

どこでも手軽に買えて、すぐに食べられることからも非常に人気を集めている「サラダチキン」がパサパサしているかというと、そんなことはありません。

 

しっとり、プルプルでハムの様においしくいただくことが出来るはずです。

 

しっとり、プルプルに茹でるには?

しっとり、プルプルに茹でるには、火を入れすぎなければ良い訳ですが、

考え方としては、ローストビーフや温泉卵をイメージしてください。

 

沸騰している100度のお湯で茹でるのではなく、低温をキープしながら茹でることで肉がパサパサになるのを防ぐことが出来ます。

鶏肉であれば、60度~65度程度でタンパク質が固まり、火を入れることが出来ます。

 

このあたりの温度を保ちながら茹でれば、バサバサになることはありません。

 

とはいえ、低温で茹でると旨味がゆで汁にどんどん流れてしまいますので、まずは表面を霜降り(熱湯で表面に火を入れる)をして固めておきましょう。

ハンバーグなどと同じですね。

 

60~65度をキープするには温度計でお湯の温度を測りながら火力を調節する方法、

最近話題になっている真空調理機(低温調理機)を使用する方法などがあります。

 

特に真空調理機は自動的にお湯の温度をキープしてくれますので簡単上な上、ステーキなども安定して、劇的においしく作ることが出来ます。

 

家庭でも、誰でも簡単にお店レベルの料理が出来る真空調理機は

簡単、劇的、かさばらない、安い

などメリットが非常に多く、今後は「一家に一台」と呼ばれる家電になるかもしれませんね。


AGtwins 低温調理器 Sous Vide お料理用 水温制御クッカー 真空調理器 850W 100~120V 空気を出す棒一本、ジッパーのバッグ5つ、日本語のメニュ一冊があります (ホワイト)


低温調理 低温調理機 低温調理器 真空調理法 OMorc 低温調理 お料理用 sous vide 低温調理器 真空調理器 料理用 水温制御クッカー スロークッカー LCDタッチスクリーン操作 真空パック機のベストパートナー スープメーカー 家庭用 日本語説明書付き


AGtwins 低温調理器 Sous Vide お料理用 水温制御クッカー 真空調理器 850W 100~120V 空気を出す棒一本、ジッパーのバッグ5つ、日本語のメニュ一冊があります (ホワイト)


【業務用真空袋対応】 フードシールド 業務用 真空パック器 【吸引力80Kpa】JP290

 

もっと簡単に作るには?

お湯の温度なんて測ってられない、めんどくさい、たまにしか使わない真空調理機なんていらない、という人にはもっと簡単な方法があります。

 

①鍋でお湯を沸かす

②お湯が沸いたら火を止め、むね肉をそのまま投入する

③蓋をして、30分以上放置

 

これだけです。

鶏肉を入れたときはお湯は熱々なので、表面はしっかり火が入りますが、中心部は余熱で火をじっくり入れ、プルプルでしっとりしたむね肉を作ることが出来ます。

 

もちろん、鶏肉の量、お湯の量で火の入り方が変わってききますので、少々雑なやり方にはなりますが・・・・むね肉1枚につき、500ml程度のお湯は用意しましょう。

 

注意点

むね肉やささみというのは、生や半生で食べるのが一番おいしいです。

お店でも鶏刺し、鶏わさなどは生や半生で提供されていますし、ささみ串なら半生で提供している店もあるでしょう。

ここで気を付けなくてはならないのはやはり「食中毒」です。

 

いくら新鮮だからと言っても、加熱調理をしていない、もしくは不十分である以上、食中毒感染のリスクはあると考えた方がいいでしょう。

 

 

加熱が不十分である以上、いくらお店で提供されているからと言って絶対に安全、ということはあり得ません。

 

 

特に小さな子供やお年寄りは細菌に感染しやすく、それ以外でも体調によって免疫力が落ちている場合もあります。このような場合に食中毒にかかりやすいので、しっかりと覚えておいてください。

健康な成人であればそう簡単に食中毒にかかるものではないかもしれません。

 

しかし、新鮮だから安全、お店だから安全、という考えは捨てましょう。

 

ちなみに、

O-157を死滅させるには75度で1分以上

ノロウイルスを死滅させるには85度で1分以上の加熱調理が必要です。

しかし、これらを遵守していたらむね肉はパサパサになってしまう、という事ですね。

 

あくまで、これを踏まえた上でおいしいむね肉が食べたいというのであれば、調理をするのなら自己責任で行うようにして下さいね。

しっかり火を入れて食べるのが基本であることをお忘れなく!

 

 

コメント