まずはどんな包丁を買うべき?

包丁

こんにちは。

 

これから料理をしていこうと考えている人にとって、まず必要となるのが「包丁」ですよね。

しかし、包丁と言っても種類も価格帯も様々で何を選べばいいかわからない方も多いはず。

今回は“包丁の選び方”についてのお話です。

どんなタイプの包丁がオススメ?

包丁と言ってもその種類は様々。

 

以前は家庭用なら三徳包丁と呼ばれるものが一般的でしたが、今では家庭用でもおしゃれでカッコイイ包丁がたくさんありますからね。

デザイン性で選ぶという人も少なくないのではないでしょうか。

 

さて、とりあえずの1本を選ぶというのであれば、

“牛刀”と呼ばれる洋包丁の一択と考えていいと思います。

 

板前さんの使う和包丁や、海外で一般的な包丁である”フィレットナイフ”のようにアゴがない包丁は、1本目としてはオススメしません。

 

和包丁は“片刃”ですので刺身を引いたりかつらむきをする場合は優れていますが、普通に野菜を切ったりするにはややクセがあります。

フィレットナイフのようなアゴがないタイプの包丁は、まず研ぐのが難しいし、包丁の使い方の幅も狭まります。

基本的にどんな用途にも対応できる牛刀が一番オススメです。

 

包丁の大きさについて

牛刀に限らず他の包丁も、その大きさ、長さはそれぞれです。

 

普通に家庭で使うのであれば、18センチ以下の包丁を使う場合が多いと思います。

だって、小さいキッチンやまな板で大きな包丁は場所を取りますからね。

長すぎて収納や洗い物カゴに収まらないこともあるかもしれませんし、大きな刃物は置いてあるだけで怖いと思う人もいるかもしれません。

 

ただ、

大きな包丁に慣れておくと小さな包丁は扱えるけど、小さな包丁に慣れていると大きな包丁を扱うのはコワイ!

 

ということも覚えておきましょう。

普段使っている包丁より大きな包丁を扱うのは思いのほかコワイものです。

一般的にはあまりあまり使わない中華包丁なんて、プロでも触ったことなければはじめはコワイと感じるのではないでしょうか。

 

狭いキッチンの中でお皿を広げたりする中で、大きな包丁は確かにジャマです。

しかし、包丁に慣れるためには大きな包丁から入っておく、というのも一つの考え方ということですね。

 

また、あまり軽すぎる包丁もオススメできません。

 

包丁はある程度の重さがあった方が、包丁自体の重みで材料を切れるので、変な力が入らずに逆に安全なんですよ。軽い包丁の方が自分の力が必要なので手も疲れます。

つまりですね、たとえ家庭料理であっても、家庭用の小さめの包丁ではなく、一般的な牛刀から入っておけば(それでも普通、三徳包丁よりは大きいですからね)今後様々なタイプの包丁にも対応しやすいということです。

まずは一般的な牛刀をオススメするのはこのような理由です。

 

包丁は砥石で研ぐもの

家庭では、砥石を使って包丁を研ぐ人がどのくらいいるのかわかりませんが、料理が上手くなりたいと考えているなら、砥石を使って包丁を研げるようになることは必須と考えた方がいいでしょう。

最近では便利なシャープナーもたくさんありますが、これらと砥石で研ぐのは全くの別物です。

意外と知られていない! シャープナーと砥石の違いって何?
こんにちは。 今日も楽しく料理のお話をしていきましょう!! 気持ちよく料理をするためには、切れ味の良い包丁は絶対に欠かせません。 包丁をしっかりとメンテナンスし、切れる包丁で作業することは包丁の技術を上達させるため...

 

切れない包丁でいくら練習しても上手くなりません。

 

むしろ変なクセがついてしまう場合もありますので、定期的に手入れをしていつもシャープな状態を保っておくことも料理のウデを磨いていくためには欠かせないことなのです。

 

砥石を使うといってもそれほど難しいものでも、時間がかかるものでもありません。

包丁の研ぎ方をレクチャーしている動画なども検索すればたくさんあると思いますので

 

 

砥石で研ぐことを考えたら、研ぎやすい材質の包丁を選ぶこともポイントの一つですね。

包丁の材質というのも様々な種類があって、硬いものも柔らかいものもあります。

柔らかい方が研ぎやすいと言えますが、それだけで決まるわけでは無いところが面白いところでもあります。

包丁の材質についての記事はコチラ

包丁の「材質」の種類と特徴について
こんにちは。 今日も楽しく料理の話をしていきましょう! 今回は包丁の材質の種類とその特徴についてのお話です。 実をいうと、包丁の素材にはたくさんの種類があり、その材質によって特徴や価格が大きく変わってきます。 ...

 

まとめ

いかがでしたか?

様々な種類の包丁を使い分けるのもカッコイイと思いますが、まずは基本の牛刀を使いこなしてみるといいのではないでしょうか。

初めから高いものを買う必要は全くありません。

お手ごろなものをいくつか紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

 

コメント